日本人メジャーリーガー、野手編|田口壮





2005年に、日本人初のワールドチャンピオンに輝いたのは、
ホワイトソックスの井口選手だったが、途中交代していたため、
優勝の瞬間に、フィールドにはいなかった。


優勝の瞬間に、フィールドに立っていた初めての日本人選手が、
2006年、24年ぶりにワールドシリーズを制覇した、
セントルイス・カージナルスの外野手、田口壮選手だ。


時には、長いマイナー暮らしを経験しながら、
不屈の精神で、「第4の外野手」としての地位を確立し、
ここ一番でいぶし銀の働きを見せた、田口選手の生き方は、
経済が停滞する中、自己の在り方に悩む、
多くのサラリーマンに、勇気と希望を与えたのである。


田口選手の特徴は、レフトからライトまで、
どこでも守れる、ユーティリティ性である。


1試合の中で、複数のポジションを守ることも多く、
名将と呼ばれた、トニー・ラルーサ監督に重宝された。


しかも、単なる守備要員としてだけではなく、
満塁では、5割を超える打率を誇るなど、
レベルの高い働きぶりが、攻守に光っていた。


この勝負強さが、遺憾なく発揮されたのが、2006年のポストシーズン、
メッツとの、ナ・リーグ優勝決定シリーズだ。


初戦を落としたカージナルスは、第2戦も苦戦し、8回終了時点で、
同点だったが、ここで田口選手が、メッツの絶対的守護神ワグナーから、
貴重な勝ち越しソロホームランを放った。


この勝利で、カージナルスは勢いに乗り、
24年ぶりのワールドシリーズ制覇まで、
一気に駆け上がっていったのである。


記者会見も通訳をつけず、英語を駆使して、質問に答えていた田口選手。


その能力を活かして、日本人初の、
メジャーリーグコーチになって欲しいと、切に願う。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です