日本人メジャーリーガー、野手編|井口資仁





2002年に新庄剛志、2003年に松井秀喜、2004年に田口壮と、
3年連続で日本人野手がワールドシリーズの舞台に立ったが、
惜しいところで敗退を喫し、ワールドチャンピオンに、
なることはできなかった。


初めて日本人選手でワールドシリーズ優勝を経験したのが、
2005年にシカゴ・ホワイトソックスと契約した、井口資仁選手。


日本時代は、強打の内野手だったが、
開幕からチームバッティングに徹し、ホワイトソックスを、
86年ぶりにワールドチャンピオンに導く原動力となった。


それは当時監督のギーエンに、


「俺にとってのMVPは井口だ。彼がいたからこそ、
 スモールベースボールができたんだ」


と、言わしめたことに集約されている。


また、井口は守備力も高く評価された、
初の日本人内野手でもある。


ゴールドグラブ賞には届かなかったものの、
リーグ監督が選ぶ2006年、「最も守備のいい二塁手」の、
2位に選出されている。


他の日本人内野手がエラーを連発し、
日本人内野手の評価が、低下の一途を辿っていた時の話である。


ホワイトソックス、パドレス、フィリーズと渡り歩いた後、
日本球界に復帰し、千葉ロッテマリーンズを優勝に導いた。


イチローや松井秀喜ほどの評価は受けていないが、
シカゴでは世界一メンバーとして、根強い人気を誇っており、
その実力はもっと高く評価されてもおかしくはないものだ。


キャリアの晩年に入っている井口選手だが、
勝負強いバッティングは、未だに健在。


ここのところ低迷の続く千葉ロッテマリーンズだが、
ぜひ有終の美を飾ってもらいたいものである。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です